松井稼頭央が引退へ。経歴、成績、年俸、そして印象をまとめました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
時事
スポンサーリンク

松井稼頭央選手の今季限りでの引退が発表されました。

私は25年来のホークスファンですが、

松井選手にはホークスがやられていたイメージが強いです。

 

そんな松井選手の経歴、成績、年俸推移、そして私個人の印象を

まとめてみました。

 

松井稼頭央選手の経歴

本名は松井和夫です。読みは登録名と同じですね。

1975年10月生まれの42歳。私の8か月後に生まれていますが、

私など全く手の届かないスーパースターです。

 

幼稚園時代から本格的に野球をやっていたようですので、

生粋の野球好きでしょう。

 

小学生から投手をしていましたが、小学、中学では全国大会には

出場していません。

高校はPL学園に進み投手を続けますが、ケガにも苦しみ、

甲子園の出場は1年時の春の選抜のみでした。

ちなみに、3年夏の大阪大会決勝では、元横浜の

金城と投げ合って敗戦しています。

1993年のドラフトで西武が3位指名し、プロ入りします。

 

当時、ホークスも獲得に名乗りを上げていました。

是が非でも獲得しておけば、その後松井選手率いる西武に

やられまくることがなかったかも知れないと

私個人は考えています(笑)

 

西武は松井選手を野手として獲得しましたが、

1年目はバッティング、守備、走塁ともに苦労したようです。

もともと右打ちでしがた、スイング時に体が前に突っ込む状態の

修正トレーニングとして、左でのスイングを始め、

右投げ、両打の松井稼頭央選手が完成します。

 

入団3年目でショートのレギュラーを獲得。全130試合にフル出場します。

その後、入団10年目の2003年のシーズン終了後にメージャー移籍するまで、

走攻守とも高いレベルの野手として活躍しました。

2004年にメジャー移籍以降は、ケガに悩まされる期間が多くなりましたが、

メジャー通算630試合で、615安打、打率0.267の成績を残しました。

 

松井稼頭央選手の生涯成績と年俸はは次の以下になります

(見にくくて申し訳ありません)。

 

松井稼頭央選手の年俸

松井稼頭央選手の生涯年俸は60億円を超えます。

契約・移籍金を含めるとさらに増えると思われます。

まさにスーパースターですね。

 

松井稼頭央選手の印象

私はホークスファンですので、松井稼頭央選手を応援する立場では

ありませんでした。

松井選手には、いつもやらてれいたイメージがあります。

打率が高いことに加え、とにかく足が速く、ランナーに出すと

やっかいな選手だったイメージが強いです。

1990年代後半は、松井選手や、西口投手を擁する西武には

勝てる気がしませんでした。

実際、ホークスは毎年西武には大きく負け越していました。

 

松井選手は、ホークスファンの私からすると、ライバルチームの

選手でしたが、スーパースターの引退はやっぱり寂しいです。

 

 

 

コメント